料理長の家 メゾン・ドゥ・シェフ

シェフのブログ

10周年フェア最終日

2010年11月01日 12:39:58

最終日はこの方。。



ホテルグランヴィア大阪 佐々田京シェフ

僕が18歳で就職したホテル。。当時開業でしたから・・・もう28年くらいですね。

3年目に新入社員として入社して来た佐々田京、今は立派な料理長。。

彼は数々のコンクールに出場し輝かしい経歴の持ち主・・・・。今回のフェアでは最終日を飾って下さいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・とは言え、25年前は2人とも末端の若造。当時の記憶が蘇ります。

まぁ~~~当時は言わば「使いっぱしり」、雑用係です。(僕も・・・)

現在の様に「就業時間は・・・」なんて時代じゃ~ございません。朝は当たり前の様に始発電車。帰りは限りなく終電に近い時間の時も多く。。。

一番にキッチンに入り、上司が全員帰るまで帰れない。。なんて当たり前の時代でした。

その分得るものも多く、今の若いホテルスタッフの方は少々かわいそう・・・かな?

ファンドヴォーもデミグラスソースもコンソメも・・・・今の先輩方は作れますが、若者達・・・作れるのかな?

話しが逸れました・・・

最終日のディナーもお蔭様で満席。

佐々田シェフの前菜。。アヴォガドを使った前菜で、ディナー数十分前にスタンバイ。ナカナカ熱い感じ。。



ランチ終了から皆で毛蟹の身をホジホジ・・・・アヴォガドと毛蟹、桜海老のチップス&ポテトのチップスがアクセント。可愛い一皿。

 

ピジョン・ラミエもシンプルな様でしっかりした一皿、(かなり美味しそうです)

どのシェフも勝手がわからないキッチンでの挌闘ぶりは当店スタッフにはどの様に見えているのでしょう。

本日のランチも加熱方法が今までのシェフと一味違い、これまたスタッフは勉強になっただろうなぁ~。



今回のシェフ皆さんに共通する事は、「加熱し過ぎない」・・・・って事。ジャストキュイ(ちょうど火が入った状態)に仕上げる。

ほんのりピンク色に仕上げる事に神経を集中させておられました。

ソース、盛り付け、付け合せ・・・・皆さんそれぞれで面白い。。。我ながら「面白い企画」だったと思いました。

コレを狙ったワケではなく。。。ここまでシェフ皆さん個性的な料理を作って頂いて、本当にいい10周年でした。



なんで「バンザイ」なん?

佐々田シェフ・・・モザイク入れるって言ってたけど・・・・出来ませんでした~笑

その代わり・・・



ディナーで“フォアグラのプリン”を見事に崩し・・・“懺悔の洗い場”の佐々田シェフ(笑)

これで・・・いい?佐々田シェフ

10周年フェア終了し・・・・後日色々僕の「想い」をブログでアップします。

多くの方々に心より感謝感謝感謝

トラックバックURL: http://www.maisondechef.com/archives/525/trackback