料理長の家 メゾン・ドゥ・シェフ

シェフのブログ

「イベントに参加する」理由&出汁取り教室

2017年11月06日 12:36:54


11月2日(うずみグランプリ前夜)にfacebookに書いた文章のコピーですが・・・

 

 

【イベントに参加すると言う事】
ちょっと長文

明日は「うずみフェスタ」(厳密に言えば今日ね)
開業から10年経って2010年からイベントに参加する事にした。…
何より開業から10年は自分の店の事で精一杯。
10年が過ぎ感謝の気持ちも込めて、お声掛け頂いたイベントには参加させて頂く事に。
ただ、参加する意味は必要

今回の「うずみフェスタ」も市が主催のイベント、我が街に貢献する意味合いが1番。
メニューも昨年同様悩むトコロ
まずご来場の方に美味しいと言ってもらえる事
安心・安全である事は当たり前
メゾンドゥシェフが普段使用している素材である事
その中でも最高のモノを使いたい

食は文化
うずみが福山の郷土料理であるなら…

家庭の食、母の味
多くの料理人の方はベースになっているのが母の味なのではないだろうか
現在は家庭で料理を作る事が少なくなった…と聞く。
そんな意味もあって明日はレシピを張り出そうと決めた。
美味しいと思って家で作れる…と思って頂ければ幸いだ

華やかな料理ではないけれど、子供の頃に味わった事がある…地元の甘辛味

沢山のお店のうずみを食べて
「家で作ってみようか…」
と思って頂けるのなら「うずみフェスタ」の一助になるのでは…と

昨年はお子様が空になった器を持って来て…「おかわり〜」と言ってくれたのが一番嬉しかった

今年も…頑張って「おかわり」来ればいいな…

天気も良いみたい

沢山ご来場される事を祈ります。

IMG_4414

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4415IMG_4416

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4417

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上4枚の写真と共にfacebookにアップしました。

 

 

現代社会

今の生活は皆さん本当にお忙しい・・・

「出汁なんて取るヒマないよ・・・」のお言葉も理解しているつもりです

今の長寿日本を支えているのは元気な先輩方、その昔(スミマセン)家では皆、出汁を取っていた

そう、当時は今の様に「簡単・便利」なモノはなく、それが「普通」だったのです。

出汁を取る専用の素材があり、それを使用して「出汁を取る」日本独自の食文化

海外では何年も前から「日本食ブーム」なのは皆さんご存知でしょう。

 

出汁取り教室

食文化の継承・・・カッコイイ言葉ですが・・・(^_^;)

もう10回・・・それ以上福山に来て下さっている稲葉さん

東京晴海有限会社タイコウ社長

一本釣り鰹節の問屋さん

稲葉さんが講習会でいつも言います。

「ウチの鰹節、使わなくてもいいんだよ・・・出汁を取ってくれ」

その言葉に稲葉さんの想いが詰まっています。

 

出汁取り教室で

どれだけ簡単に出汁が取れるか、体感して頂きたい

どれだけ美味しいのか、体感して頂きたい

 

先日の「うずみグランプリ」に提供させて頂いたウチの料理にも使用しました。

沢山の方に召し上がって頂きたい、その中にはお子様もいます。

当たり前に安心・安全な素材だけを使用して

率直な意見をお子様から頂戴するイベントでもありました。

 

是非 「出汁取り教室」ご参加を!!!

重苦しい文章でスミマセン(^_^;)

出汁取り教室は毎回とてもフランクかつフレンドリーな教室です

その日に皆さんで取った鰹出汁をお持ち帰り出来ます

料理に使ってみて下さい。モチロンお味噌汁でもOKです

 

11月11日(土)ナチュラルマーケットIKO 松永の出汁取り教室は「満席」となってしまいましたが・・・

12日(日)穴吹調理製菓専門学校はまだ空きがございます。

13時~16時

皆さんにとって休日の貴重なお時間とは思いますが、きっとこれからの食生活のヒントになると思います。

 

御参加を心よりお待ち申し上げます m(__)m

 

お申し込みはこちらで・・・

・ナチュラルマーケットイコウ木之庄店  084-959-6677

・ナチュラルマーケットイコウ松永店   084-930-0510

・ビストロメゾンドゥシェフ        084-973-8337

 

トラックバックURL: http://www.maisondechef.com/archives/4588/trackback