料理長の家 メゾン・ドゥ・シェフ

シェフのブログ

10周年ディナー 前半最終日

2010年10月15日 03:58:06

最終日・・・この人に来ていただいた。。



南麻布ロンポワン オーナーシェフ 町田雄一郎

今回の参加して下さったシェフの中では唯一のオーナーシェフ、どんなディナーになるのか・・・彼のブログを前もってチェックする。。

他のシェフと違い、彼は今回のフェアで当店にレシピを送って来てくれていない。。

それだけに興味津々。。(不安もイッパイ  笑)

彼のディナー、翌日のランチもご予約で満席。。(ど~なる?)

そんな不安もよそに、彼は登場。ニコニコ顔だ。。

スタッフも彼の動きについて行く。

常日頃、町田シェフは「一人フレンチ」・・・僕を含めてスタッフは5人。

「心強いですよ~」と。。

彼の料理は僕が出会った料理人とは少し違う。

その瞬間のイメージ。。お客様を見てから。。。

仕込みは着々と進む。。。

さぁ。。スタート。。

多少のウエイティングもあったが、彼なりのポリシーの料理が出来上がる。

前菜。。茄子、秋刀魚、マツタケ・・・持参してくれたハーブ類。。

加熱も繊細に・・・。



メニューは「ピジョン・エトフェ」だったが、運良く「ピジョン・ラミエ」(野生の山鳩)が入荷。。

彼と僕はジャスト10歳差がある。。それを感じさせないのはナンだろう。。

(僕が若いのか・・・・あはは)

今回のメインは黒毛和牛か鳩か・・・

初めて山鳩を召し上がった方々は口々に驚きのコメントを。。

今回のシェフ、皆さん繊細に料理を考え調理して下さった。。その答えなのだと僕は感じている。

東京から、わざわざ店を休んでまで参加してくれたオーナーシェフに心より感謝したい。

ディナーが終了してからの町田シェフとの熱いトークは、何か僕が忘れていたモノを思い出させてくれた。

今も僕は情熱を持って店に立っているつもりだけど。

プロスポーツに個性的な人が多い様に、この料理の世界も個性的な面々がいる事をスタッフも感じてくれたのではないだろうか。

前半4名のシェフ。

皆さん、全員個性溢れる方々。

お一人ずつの僕からの感想・・・・これはメゾンドゥシェフの今後の料理に反映される事間違いなし。



帝位位置での写真も、今回はフルメンバーで!



彼はナゼか・・・・こういうショットが好きだ。。。笑

トラックバックURL: http://www.maisondechef.com/archives/418/trackback