料理長の家 メゾン・ドゥ・シェフ

シェフのブログ

’17 初ブログは少し長文

2017年01月12日 03:42:26


新年も10日以上が過ぎ、皆様も日常生活が本格的になっておられる事でしょうね。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

新年最初のブログ、色々考えている内に10日以上過ぎてしまいました(^_^;)

 

開業から17年目、色んな事が年を重ねる毎に加速しながら過ぎて行く、そんな気持ちです。

ただ嬉しい事に「店を続けさせて頂いている」事は、お客様はモチロン、業者さん、スタッフ、家族にも心から感謝しています。

 

「ビストロ メゾンドゥシェフ」

今の料理・調理スタイル、メニューの考え方や素材に対しての向き合い方の原点は、確か開業から3年目。

お客様からのプレゼントから。

それが「想いやり生乳」

10-01-01 017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メゾンドゥシェフがお客様に対して、どんな気持ちで料理を作り どんな気持ちで接客をするか。

全ての原点が「想いやり生乳」を使用し続ける事でご理解して頂きたいと思います。

もう13年以上になりますね。

メゾンドゥシェフのバニラアイスクリームは「想いやり生乳100%」

ここで「想いやり生乳」について語ると読むだけで2時間(書き込むのに3時間)必要なくらいですので、お話しする機会がありましたらジックリとお話ししたいと思います(笑)

「あぁ~高い牛乳ね・・・」と思われる方も多いでしょうね。

否定も肯定もしません。皆さん其々考え方は違いますから。

僕は素材の中で「想いやり生乳」を超える素材はないと思います。そしてこれからも間違いなく「想いやり生乳」を超える素材は出て来ないとも思います。

全ての素材に対して「感じる事」を教えてくれた素材でもあり、北海道の「想やりファーム」の長谷川さんには心から感謝しています。

僕も初めから「スゴイ素材だ!」なんて思っていませんでしたし、当分の間は(いつ止めようかな・・・)くらいの感じでしたからね。

今でも「想いやり生乳」に関しては発見が多く、驚く事もあります。

理解すればするほどの素材です。

 

そして

「想いやり生乳」を通じ日々素材についてアドバイスや助言を頂いている胃甲安俊さん

木之庄 Nathural Market IKO、松永 いこうさんのお店、駅家 チューリップ、を経営されています。

それぞれ胃甲さんの想いの詰まったお店で、近年大型のスーパーが普通の時代に個人商店で全国から注目のお店です。(これホントです!!)

僕より1つ学年が上で、食に関してはモチロン! 政治・経済・地元地域の活動や色々な面で「熱い人」

ビストロ メゾンドゥシェフを語るに胃甲さん無しには語れません。

二人で始めた“本物を伝える「食の侍」”も10年くらいになりますね

今年も色々やりましょう!皆さんの健康と幸せの為に!!

11-5-01 018

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長谷川さん、胃甲さんとの3ショット(もう何年も前の写真です)(笑)

 

今年初めのブログは、どうしてもお二人の事を書きたくて。

まだまだ稲葉さん、朝倉さん、スタンダードベーカリーさん、アノ方コノ方・・・

 

 

 

2017年も宜しくお願い申し上げます m(__)m

 

 

※“本物を伝える「食の侍」” 2017年初イベント

  1月29日(日)「美味しい海老のお話し会」

詳しくは明日ブログで!!!

↓↓↓胃甲さんのブログです

http://ameblo.jp/iko228-yamaha/entry-12235841421.html

トラックバックURL: http://www.maisondechef.com/archives/4106/trackback